*

Webサーバとメールサーバを分けた時、迷惑フォルダに分類されないDNS設定

公開日: : DNS, サーバ, メール, 迷惑メール対策

a0001_015530

Webサーバとメールサーバを分けた構成をつくったときに、Webサーバから送信されたメールが迷惑フォルダに入ってしまい、原因がわからず過去悩んだことがありました。

運用コストを安くするためにサーバを分けて運用する

Webサービスを新しく構築すると、サーバーのランニング費は安くしたいと考えます。メールサーバもWebサーバも備わっているさくらインターネット共用サーバで検討したいが、共用サーバは機能制限があるためやりたいことができない。

自力で構築するさくらインターネットVPSでは、価格面で安くていいが、ただメールサーバを自力で立てて構築後のメール追加、削除の運用管理、またメール障害が発生した時のリスクを考えるとやりたくない。

結果、さくらインターネットの価格面でかなりお手頃なメールサーバのみのメールボックスVPSの組み合わせに行き着きます。

Webサーバから送信したメールが迷惑フォルダに入らないようにするための対策

Webサーバからメール送信したら、迷惑メールに認識してしまい、困った。調べたらDNSサーバのゾーンファイルに記載しないといけないことが分かる。

現在のサーバが対応しているかどうかはhttp://www.sendmail.co.jp/sa/spfcheck.htmlでチェックできます!

以下のように「+a:のあとにホスト名」、「+ip4:のあとにIPアドレス」の形式で、メールサーバとWebサーバのIPアドレスもしくはホスト名をDNSサーバのtxtレコードに設定します。

v=spf1 +a:xxx.sakura.ne.jp +ip4:111.111.111.111 +a:www.xxx.com ~all

設定後にコマンドプロンプトで「nslookup -q=txt xxx.com」を実行してtxtレコードにきちんと登録したかを確認します。

nslookup -q=txt XXX.com
xxx.com text ="v=spf1 +a:xxx.sakura.ne.jp +ip4:111.111.111.111 +a:www.xxx.com ~all"

 

お問い合わせはこちら!

関連記事

記事はありませんでした

お問い合わせはこちら!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはこちら!

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分

第104回 PHP勉強会に参加しました!

昨日「第104回 PHP勉強会@東京」に参加し、メイン発表をしました。

Windows10にLaravel開発環境を構築

本記事は筆者のノートパソコンにLaravelプロジェクトの開発環境を構

→もっと見る

  • AWS構築 - クラウドアドバイザー
PAGE TOP ↑