*

Gitリモートリポジトリのサーバー移行が結構簡単だったので手順まとめ

公開日: : Git

Git-Logo-2title

昔からファイルの履歴管理はファイルをコピーして、ファイル名に日付をつけて頑張ってましたOsamuです。

さて、今年からプログラミングを始めるて、チームで1つのWeb開発をしていく上で、ソースコードの履歴管理は外せない問題です。

私は2014年からこの問題に触れたので、専らGitでソースコードの履歴管理をしております。

ある時社内の管理サーバーの契約を変更したので、その中に保管されていたGitリモートリポジトリの移行が発生しました。

まだまだGit初心者の私からするとどうしていいやらGoogleで調べたのですが、「SubversionからGit移行」「Githubへ移行」といった手順は星の数程見つかるのですが、単純なGitリモートリポジトリのサーバー移行手順が中々見つからなかったのです。

という事で今回は私が行ったGitリポジトリのサーバー移行の手順を纏めます。結構簡単でした。

Gitリモートリポジトリのサーバー移行手順

Git-Logo-Black


手順1.現状リモートリポジトリの圧縮ファイル作成と名称変更

移行する時の為に現行のリモートリポジトリの圧縮ファイルを作成しておきます。今回の手順ではわかりやすい様に現行のリモートリポジトリはrepositoryとしております。

又、現状のリモートリポジトリの名称変更しておきましょう。

移行中にプッシュされて、差分ができちゃったら困っちゃいますからね。今回の例ですと現行のリポジトリー名.bkupに名称を変更しておきます。

tar cvf repository.tar repository
mv repository repository.bkup


手順2.移行先サーバーへGitインストール

yum install git
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
yum -y --enablerepo=rpmforge install git-daemon

rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpmは私がGit移行した時の最新ファイルなので、現状の最新版をwgetする時にはhttp://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/ で探してください。


手順3.移行先サーバーのgit-deamonの設定をコピーする

基本移行元と移行先の/etc/xinetd.d/gitと同じ設定にします。そのをリスタートします。

$ /etc/init.d/xinetd restart


手順4.移行元サーバーから移行先サーバーへrepository.tarを転送、展開

移行先サーバーにて転送した書庫ファイル(.tar)を展開する

scp repository.tar @xxx.xxx.xxx.xxx:/移行したいディレクトリ
tar xvf repository.tar


手順5.確認

移行先のリモートリポジトリにクローン(Clone)するなりプル(pull)するなりプッシュ(push)するなりして、問題なく移行がなされているか確認してみてください。


Gitリモートリポジトリのサーバー移行は結構簡単

基本的な流れは、移行先のサーバーにGitインストールして、移行元のリモートリポジトリのデータを全て転送して、設定同じにしてフィニッシュです。

色んな事態でリモートリポジトリのサーバー移行は発生と思いますので、是非参考にして頂ければと思います。

お問い合わせはこちら!

関連記事

Git フォルダ、ファイル単位で変更の取消

Gitでバージョン管理をしながらEclipseで開発を行う時、編集した部分を取り消したい時が有ります

記事を読む

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分ファアイルをZIPファイルとし

記事を読む

gitインストールし、レポジトリ作成後にeclipseでSSH接続する

photo credit: atduskgreg via photopin cc 今回はg

記事を読む

git tagで過去と現在のソースの差分をzipにまとめる

本番環境にソースコードを適用するときに、前回適用したバージョンから現バージョンまでの適用をす

記事を読む

お問い合わせはこちら!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはこちら!

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分

第104回 PHP勉強会に参加しました!

昨日「第104回 PHP勉強会@東京」に参加し、メイン発表をしました。

Windows10にLaravel開発環境を構築

本記事は筆者のノートパソコンにLaravelプロジェクトの開発環境を構

→もっと見る

  • AWS構築 - クラウドアドバイザー
PAGE TOP ↑