*

Windows Server間のデータ移行に、robocopyコマンドがとんでもなく便利だった

公開日: : 最終更新日:2014/05/31 Microsoft, Windows Server

medium_153225000
photo credit: rudolf_schuba via photopin cc

生まれてから今までずっとMicrosoft好き。どうもOsamuです。

今回はいつものWindowsXPやらWindows7やらWindows8やらという話題ではなく、個人的にもあまり触れたことの少ないWindows Serverの話題です。

サーバーが古くなって移行する事になった時、いつも一番困るのはどんな時もデータ移行でしょう。メインフレーム畑で育ったOsamuはよIBMのDS8100やDS6800と言われるDisk装置へ古いDisk装置からのデータを移行したものです。

が、Windows Serverでのデータ移行の経験がない私。どうすればいいのか困っておりました。新サーバーから旧サーバーにアクセスしてコピーでもってくるのもナンセンスですし、と困っていた所にMicrosoft自身が提供している堅牢なコピーコマンドrobocopyなる最強のコマンドを見つけたのです。

robocopyコマンドとは

robocopyのroboとはロボットの意味ではなく、robust、すなわち堅牢なという意味らしく。確実な安全性の高いコピーコマンドであるようです。Microsoft自身が提供しているコマンドであり非常に安心感をもって使用できます。

robocopyに関する詳細な説明は以下を確認するとよいでしょう。

参考:robocopyでフォルダをバックアップ/同期させる

又、Windows XP、Windows Server 2003の場合はデフォルトでrobocopyが使えませんので、以下URLにアクセスしてWindows Server 2003 Resource Kit Toolsをダウンロードする必要があります。

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17657

robocopyコマンド試してみたよ!

という事で今回は旧サーバーから、新サーバーへ同期させてみました。

コマンドサンプルはこんな感じ、事前に旧サーバーの移行元ディレクトリは共有設定してあります。

robocopy \\旧サーバー\dir1\dir2\dir3\dir4\ C:\dir1\dir2\dir3\dir4\ /E /COPYALL /MIR


で、結果はこう!118GB程ある大量のファイルを20時間くらいかけてしっかり同期してくれました!

                Total    Copied   Skipped  Mismatch    FAILED    Extras
     Dirs :    236195    236194         1         0         0         0
    Files :   1441430   1441430         0         0         0         0
    Bytes : 118.192 g 118.192 g         0         0         0         0
    Times :  19:29:12  18:03:55                       0:00:00   1:25:17

    Speed :             1951360 Bytes/sec.
    Speed :             111.657 MegaBytes/min.

    Ended : Tue May 20 08:37:58 2014



Windows環境の場合は非常に有効なコピー方法なので、是非使ってみてください!堅牢、ホント堅牢だから!

お問い合わせはこちら!

関連記事

Visual Studio 2015でOpenCVを動かすための環境設定

OpenCVを利用してウェブカメラから画像を取得し、画面上に表示してみました。 コーディング環

記事を読む

VagrantをWindows7にインストールしてCentOSの開発環境を簡単に作る手順

毎日毎日サーバーにコマンドを打ち込み、10の指でプログラミングし、ディスプレイとにらめっこ。

記事を読む

modern.IEに公開されている仮想マシンで、好きなWindowsバージョンをVirtualBoxで起動する

日々Web開発を行なっていると、様々なWindowsOSバージョン、Internet Exp

記事を読む

お問い合わせはこちら!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはこちら!

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分

第104回 PHP勉強会に参加しました!

昨日「第104回 PHP勉強会@東京」に参加し、メイン発表をしました。

Windows10にLaravel開発環境を構築

本記事は筆者のノートパソコンにLaravelプロジェクトの開発環境を構

→もっと見る

  • AWS構築 - クラウドアドバイザー
PAGE TOP ↑