*

modern.IEに公開されている仮想マシンで、好きなWindowsバージョンをVirtualBoxで起動する

公開日: : 最終更新日:2014/04/21 Microsoft, VirtualBox

modern01

日々Web開発を行なっていると、様々なWindowsOSバージョン、Internet Explorer(以下IE)のバージョンが手元に欲しい!と思うものです。

IEでの動作確認が取りたい時、開発者ツールのエミュレーション機能を使って確認を取ってもいいのですが、詳細な確認を取る時にはやっぱり実際のOS、実際のブラウザバージョンでテストをしたいものです。

しかし、自分のPCをXPにするわけにもいきませんし(サポートは切れているし)、IEのバージョンを現在最新の11から8や9にダウングレードするのも面倒です。

そんな時にMicrosoftが運用modern.IEから提供されている仮想マシンを活用する事で、好きなWindowsバージョンの環境を用意する事ができます。

今回はVirtualBox経由で好きなWindowsバージョンを立ち上げてみましょう!そうしましょう!

VirtualBoxをインストールする

今回はVirtualBox経由で起動しますので、事前にVirtualBoxをインストールしておきます。

以下へアクセスし、「VirtualBox 4.3.10 for Windows hosts x86/amd64」(2014年4月現在)を選択し、ダウンロードする。その後のインストーラはデフォルトで。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads


virtualbox
※画像をクリックすると大画面で見れます

modern.IEから使いたいWindows用の仮想マシンをダウンロードする

以下ページにアクセスして、使いたいWindows用の仮想マシンをダウンロードしていきましょう。

http://www.modern.ie/ja-jp/virtualization-tools#downloads

今回は私のWindows7PC上にVirtualBoxを活用して、別のWindowsOSを立ち上げていきます。

ページ中段にある

「目的のテストOSを選択してください。」でWindows、
「仮想プラットフォームを選択してください。」でVirtualBox(Windows上)を選択します。

modern03
※画像をクリックすると大画面で見れます




一覧が表示されますので、自分の使いたいOS、IEのバージョンを確認します。

modern04
※画像をクリックすると大画面で見れます




今回はOSをVista、IEのバージョンを7の仮想環境を作成してみましょう。

IE7 – Vistaからpart1.exe~part5.rarを全てダウンロードします。rarファイルは1ファイル1GB程ありますので、結構ダウンロードに時間がかかります。

modern05



ダウンロードが完了したらpart1.exeファイルを実行します。下記のウィンドウに対して任意のディレクトリを指定し、Extractを実行します。

modern07
※画像をクリックすると大画面で見れます

IE7-Vista用の仮想マシンを作成しますが、こちらの処理もお使いのPCによりますが、多少時間がかかります。

VirtualBoxで起動する

上記で指定した任意のディレクトリに「IE7 – Vista.ova」というファイルが作成されます。作成されたこのファイルをダブルクリックします。

modern08



VirtualBoxが起動します。「アプライアンスの設定」というポップアップが起動しますので、特に何も起動せずにインポートします。尚、このインポート作業も結構な時間がかかります。

moden01
※画像をクリックすると大画面で見れます




上記の処理が完了すると、IE7-Vistaの仮想マシンがVirtualBoxでインポートされた状態となります。

moden02
※画像をクリックすると大画面で見れます



後はこの仮想マシンをダブルクリックか、右クリック⇒起動で起動させれば、IE7がインストールされているWindows Vistaの仮想環境が起動されます。

moden03
※画像をクリックすると大画面で見れます



IE7も問題なく使えます。

moden04
※画像をクリックすると大画面で見れます



簡単にWindows開発仮想環境が準備できて非常に便利

XP、Vista、Windows7、Windows8。又、IEも6~11まで好きなバージョンを選べるのは開発検証でも非常に便利でしょう。

是非modern.IEに公開されている仮想マシンで、好きなWindowsバージョンをVirtualBoxで起動してみてください!なんかXPとか凄い懐かしい感じも味わえます。

お問い合わせはこちら!

関連記事

Visual Studio 2015でOpenCVを動かすための環境設定

OpenCVを利用してウェブカメラから画像を取得し、画面上に表示してみました。 コーディング環

記事を読む

Windows Server間のデータ移行に、robocopyコマンドがとんでもなく便利だった

photo credit: rudolf_schuba via photopin cc 生

記事を読む

VirtualboxでCentOSの仮想環境を複数立ち上げた際に、IPアドレスを分けて設定する方法

photo credit: bcostin via photopin cc こんにちは。最

記事を読む

VagrantをWindows7にインストールしてCentOSの開発環境を簡単に作る手順

毎日毎日サーバーにコマンドを打ち込み、10の指でプログラミングし、ディスプレイとにらめっこ。

記事を読む

お問い合わせはこちら!

Comment

  1. […] modern.IEに公開されている仮想マシンで、好きなWindowsバージョンをVirtualBoxで起動する | 株式会社アルベ | Arubeh Inc.. […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはこちら!

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分

第104回 PHP勉強会に参加しました!

昨日「第104回 PHP勉強会@東京」に参加し、メイン発表をしました。

Windows10にLaravel開発環境を構築

本記事は筆者のノートパソコンにLaravelプロジェクトの開発環境を構

→もっと見る

  • AWS構築 - クラウドアドバイザー
PAGE TOP ↑