*

Laravelで複数実行したいとき

公開日: : 未分類

マルチプロセスで複数に実行してほしい場合は、JOBクラスを利用します。

利用例として、重たい処理や処理終了を待たなくても、次の処理をすぐに実行したいときに利用します。

コマンドでJobクラスを非同期に実行する。

namespace App\Console\Commands;

use App\Jobs\TestJob;

class Test extends Command
{
    /**
     * Execute the console command.
     *
     * @return mixed
     */
    public function handle()
    {
        $job = new TestJob();
        $this->dispatch();
    }
}

Jobクラスでは以下のような内容となる。

namespace App\Jobs;

use Illuminate\Bus\Queueable;
use Illuminate\Queue\SerializesModels;
use Illuminate\Queue\InteractsWithQueue;
use Illuminate\Contracts\Queue\ShouldQueue;
use Illuminate\Foundation\Bus\Dispatchable;

class TestJob implements ShouldQueue
{
    use Dispatchable, InteractsWithQueue, Queueable, SerializesModels;

    public function handle()
    {
        //処理内容を記載する。
    }
}

お問い合わせはこちら!

関連記事

Laravel5.1 ModelのCollectionからデーターを取得

ModelのCollectionからidのみを取得 <?php namespace

記事を読む

Visual Studio 2015でOpenCVを動かすための環境設定

OpenCVを利用してウェブカメラから画像を取得し、画面上に表示してみました。 コーディング環

記事を読む

codeigniterのヘッダー、フッターはhookでなくloadで対応する

photo credit: mrlerone via photopin cc  

記事を読む

codeigniterで、PC版とスマフォ版のテンプレートを自動で振分ける方法

  スマフォ版とPC版のテンプレートを切り替えるために、毎回コントローラでユ

記事を読む

お問い合わせはこちら!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはこちら!

no image
Laravelで複数実行したいとき

マルチプロセスで複数に実行してほしい場合は、JOBクラスを利用します。

Laravel5.1 ModelのCollectionからデーターを取得

ModelのCollectionからidのみを取得 <?p

Laravel 5.1でLaravel Mixを使ってみた

本投稿の目的は、Laravel 5.1でLaravel Mixを利用し

Laravel 5.1の自動ログインのお試し!

セッションの保持時間を1分にする 単位:分 デフォルト

SourceTreeで差分ファイルを抽出

GitのクライアントでSourceTreeを利用する時、コミットの差分

→もっと見る

  • AWS構築 - クラウドアドバイザー
PAGE TOP ↑